大会の魅力

会場・コースは愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内のマラパラ特設コースをプランニング。緑溢れる森や池を横切る完全舗装された安全で走りやすい自然美いっぱいのランニングコースです。コースエリア内にはトイレも完備され、広くて環境に恵まれたモリコロパークだからこそできるネイチャーな大会です。また話題の大エイドステーションは疲れたランナーのオアシスになります。

メイン会場の芝生広場は、スタート&ゴール&エキデン中継エリアも隣接する周回コースの拠点になり、ランナーは移動せずに仲間を応援することができます。また、B級グルメの販売車やスイーツのブース、企業ブースのストリートが誕生。応援だけでも充分楽しめます。まさに楽園(パラダイス)を思わせる大会です。

自然を浴びて走りたい市民ランナーには、自分の体力に合わせてハーフマラソンやクォーターマラソン(10.5Km)に挑戦!また、フルマラソンを控えたランナーには、緊張感溢れる環境の中、個人でラップ測定しながらの6時間耐久ランやフルマラソンの競技を楽しんでみて。適度なアップダウンが自然にマッチし、きっと、感動的なゴールを迎えられます。

マラソンパラダイスの華、ハーフ駅伝はハーフの距離を4人×約5.2Kmのタスキリレーでつなぎます。楽しみ方はそれぞれで、走友会・ランニングクラブで参加したり、家族で1本のタスキをつないだり、企業の健康促進や社内プチイベントとして参加を。1本のタスキをつないで、今まで以上の絆をここで深めてみてはいかがでしょう!周回コースのため、走り終えたランナーは、移動せずに中継地点付近で他の仲間を応援することができ、かなり盛り上がります。優勝(10万円・前回実績)・入賞の賞金も魅力。